【プロ御用達】靴磨き専用?スポンジシューキーパーを紹介

突然ですが皆さん靴磨きをする際にシューキーパーを着けていますか?

今回の記事
  • 靴磨き専用シューキーパーの紹介
  • 靴磨き時の最適なシューキーパー
  • 購入できる場所

 

今回のメインは僕が靴磨きをする際に使っているシューキーパーも紹介します!

 

職人も愛用!靴磨き専用シューキーパー

黒い先端のシューキーパー。

こちらのシューキーパーはYouTubeで観た事ある人が多いと思います。

Brift Hの長谷川さんが動画で愛用しているのもスポンジシューキーパーです。

このシューキーパー使ったら磨く際に他の物は使えません…。

特徴

  • 先端がスポンジの為、様々な形状の靴に対応
  • 驚くほど軽い
  • 個性的
  • 靴磨き時専用

このシューキーパーは先端がスポンジの為パンプスでもワイズが広い靴でもしっかり合います。

甲の低い靴でも木製と違い革を無理に傷めません。

重さも重要なポイントです!

ただしこのシューキーパーは保管には向いていません。

あくまでも靴磨き専用

保管時に必要な事がございます。

  • しっかりサイズが合い成形してくれる事
    この理由は革の繊維が収縮を起こす*毛細管現象にあります。
    靴の水分が蒸発する際にこの現象が一番起こりやすく
    シューキーパーを入れてない場合この収縮を制御することが出来ず
    クラックに繋がっていきます。
    *繊維がある物に起こる現象です。
  • 除湿、脱臭効果
    木製シューキーパーが選ばれる最も多い理由です。

スポンジシューキーパーでは除湿効果はあると思いますが…吸うことで汗の臭いが移ってしまう可能性があります。

またスポンジの為、毛細管現象を制御することが難しいかもしれません。

上記の理由から僕はこのシューキーパーは靴磨き時に使用を推薦します!

欠点
  • サイズがワンサイズ
    大きいサイズに対応が出来ない。
  • スポンジの為ゴミの付着があり手入れが必要
    今回わざと目立たせるように手入れをせず撮影しております。
    手入れの仕方「ガムテープなどで表面の埃を取る」「固く絞った布で拭き取る」
    どちらかでいいと思います。
  • 耐久性
    チューブタイプですが、ダブルに比べると耐久性は劣ります。
  • お値段
    この後明記します。

どこで買える?購入先一覧

この靴磨き専用シューキーパーは非常に人気があります。

この情報を元にお店に行ったら売り切れてたなどありますのでご注意ください。

僕が把握している店舗様を紹介します。

ShoeShineHouse
一足単位で販売になります。
Brift H
販売方法:1本(片方)
その他販売先情報がありましたらご協力お願いします。

コスパ優先?靴磨き好きに選ばれるシューキーパー

靴磨きをする際に初心者やお店で使われているシューキーパーをいくつか紹介します。

  1. その靴に合う物を装着して磨く人
  2. 軽さを重視して磨きやすくする人

Be Startを開始した頃、僕が使用していたのはこちらでした。

これが最も使用している人が多いシューキーパーです。

商品紹介
バネ式シューキーパー メンズ フリーサイズ(24.0~28.0cm) 材質:パイン材、鉄(亜鉛メッキ) 無垢材ならではの自然で美しい木目が特徴のパイン材を使用。 油分を多く含んでいることで、使い込むことで美しいツヤ、風合いをお楽しみいただけます。 履きシワを伸ばし、ソールの反り上がりを復元します。 履き口を一定に保つ役割も果たします。 一日履いた靴は、シューキーパーを装着して、数日休ませてください。 シューキーパーは、大切な靴をより良い状態で保ち続けるために、必須のシューケアアイテムです。

悪くはないんですが…いろんな靴に使ってるとバネがすぐに歪みました。

僕はいろんな方の靴を磨いてきて合わない靴が多かったんです。

絶対条件として使用する上で履き皺は伸びる亊、伸びないと意味が全くありません。

もう一つ、バネが変形してしまうと靴にも影響がでます。

これはテンションのバランスが大きく崩れるのとヒールカーブに当たる部分が変形が見られました。

耐久性をある程度妥協できるならコスパはよい方だと思います。

 

コロニル社

商品紹介
[COLLONIL AROMATIC CEDAR SHOE TREE] 靴の形を整えるアロマティックシーダー製のシュートゥリーです。
履きじわを伸ばし、型崩れや靴底の反りを防ぐと同時に靴内の湿気を吸収し、嫌な臭いを予防します。

※アロマティックシーダー:芳香西洋杉とも呼ばれ、天然の芳香と防虫・防臭効果を持ちます。

メンズ(S):24.0~25.5cm
メンズ(M):26.0~27.0cm
メンズ(L):27.5~30.0cm
レディース(S):22.5~23.0cm
レディース(M):23.5~25.0cm

ポイントは形状。

センタースプリットタイプです。

靴のワイズに合わせ差し込む際に左右が広がります。

しかし踵が細いため、靴によってはすっぽ抜けることもありました。

でも、軽い上にL型なのですごく磨きやすいですよ。

バネ式に比べてテンションが合う靴があれば保管にも使えます。

磨く際はなるべく軽い方が僕は磨きやすいです。

磨く際も保管時も「履き皺が伸びる亊」が重要なポイントです。

まとめ

スポンジシューキーパーについて
  • ワイズや甲の高さに関係なくフィット!
  • 壊れてもBriftHなら安心!
    片方売りのため万が一壊れても安心です。
  • 軽量により靴が磨きやすい!
    シューキーパーが軽いと磨きやすくなるので覚えておいてください!
  • 保管には不向き
  • 木製に比べると埃やゴミが付着しやすい

 

あとがき

職人が何故愛用するのか?

手に入れて頂ければその良さはきっと納得頂けるはずです!

見つけたら是非ご検討ください!

では、良い靴磨きを楽しんでください!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事