スポンサーリンク

今回の記事は「クリーナー」に焦点をあて、皆さんにより良いケアが出来るような記事を書かせていただきます。

クリーナーに汎用性なんて無い

最初から思い切った事を言いますがお許しください(笑)

靴のケアをする上で汚れをしっかり落とすのはとても重要な事です。

5160
よく、クリーナーのやりすぎは必要な油分まで落としてしまう恐れがあるので。ダメと言われます。
やりすぎはいけませんが「しっかり落として」ケアでしっかり整えるのが理想です。
クリーナーは古いクリームやワックス、毛穴の汚れを落とすだけなので。
使いすぎによる「やりすぎ」と溜まった汚れを「しっかり落とす」は意味が全く違います。
実際に売られているクリーナーは、洗浄力が強かったり、弱かったり。
リンスインシャンプーの様に落としながら栄養を補給する様な物もあります。
例えば…
  • 1ヶ月ケアはしたけど履かなかった靴
  • 1ヶ月週に3回履かれた靴

どちらも1ヶ月に一度、ケアするべきですが汚れの蓄積量は異なります。

前者は強力な洗浄力を持つクリーナーは必要ありません。

後者は汗やクリームの乾燥も酷い為しっかり汚れを落とします。

クリーナーを使用する事で、靴に少なからず負担がかかります。

靴の状態に合わせ低負担で汚れをしっかり落としてやるのが一番理想的ですね。

なので皆様がお店に行きお店の方から「これあれば、どんな靴でも使えますよー。」と言われても鵜呑みにしないで下さい。

クリーナーは自分のライフスタイルに合っている洗浄力が理想です。

最初に書いた通り汎用性があるクリーナーは絶対にありません。

商品説明に「靴、鞄、革製品」に使えます!って書いてあるクリーナーは汎用性があるとは言いません。

革靴も革鞄も革製品も全て「革」なので使えて当たり前です(笑)

5160
僕の言う「汎用性」とは、どんな状態でも負担をなるべく掛けずにしっかり落とすことが出来る事です。
そんなクリーナーはありませんよ!

状況に応じてクリーナーは使い分ける

これはとても重要な事です。

僕は色んなクリーナーを所持していますが、これで良い!と満足した事がありません。

蒸発性の悪いクリーナーだと靴に対して悪影響になる事もあります。

汚れによっても必要以上の洗浄力は「やりすぎ」に繋がってしまいます。

その理由とは

洗浄力の強さは全て違うからです。

多くの靴は固形クリーナーでワックスを落とし、それを拭き取るように液体クリーナーを使う。

これが汚れ落としの一つのパターンです。

その際に使うクリーナーを紹介します。

鏡面仕上げされた靴
この場合まずワックスを落とさなければいけないので。
ハイシャインクリーナーを使用しましょう。
手に入りやすくて、初心者にも使いやすいのはブートブラックだと思います。
使い方もとても簡単!少しつけて撫でると、あっという間に落ちるのが魅力的です!

 

この後ハイシャインクリーナーの拭き取りも含めてクリーナーの中でも人気が高い商品が2つありますので紹介します。

ブートブラック ツーフェイスローション

       
油性汚れも水性汚れも落としちゃう万能な2層クリーナーです。
ワックスや油性クリームはすごく頑固で落ちにくいんです。
毛穴に詰まった汚れとか砂や泥は落ちやすいです。
汚れの強さを1本で補えるのがこの商品のポイントです

 

M.モゥブレイ ステインリムーバー

       
初めて買う多くの人が選ぶのがこれ。
水性で革に優しいマイルドなクリーナーです。
洗浄力はありますが油性汚れには洗浄力がやや弱いので「やりすぎてしまう」人が多いです。

この2つの商品の人気は半端じゃないです!

なぜ人気なのか?
1番の理由入手のしやすさ!
本当にシューケア用品が置いてあるお店なら高確率で置いてるイメージです。
※それだけ使いやすく人気って事です!
ツーフェイスローションですが。
ブートブラックにはシルバーラインっていうのがあります。
販売形態違うだけ洗浄力は変わりませんのでご安心ください!もう1つ
商品画像を確認して頂くと分かるんですが。
サイズが豊富
小さいサイズもあるので「自分に合うかなぁ?」と心配な方は小さいものからオススメします!

 

5160
注意してほしいのは洗浄力が適切でなく、何度も拭いてしまうと弱い洗浄力でも負担は大きくなります
ただ落とすだけで良いなら、これだけ多くのクリーナーは存在しません。
だからクリーナー選びは難しいんです!
もし2つのクリーナーから選ぶなら?
これはツーフェイスローションです。
2層クリーナーで靴の汚れや古いクリームはもちろん落とせますし。
僕も一番使うのがブートブラックのツーフェイスローションですね。

CHECK

ビギナーの方はケアしたい靴を持参して靴用品に詳しいスタッフに見せて、どのようなケアを日頃しているのか伝えてください。

5160
勉強不足で無い限り適切なクリーナーとケアに気をつける点を丁重に説明してもらえますよ!
まとめ
    1. 靴の状態に合わせクリーナーを変える
    2. クリーナーを過信しない
    3. クリーナーに迷ったらケアしたい物を持参して詳しいスタッフに聞く

※一人のシューシャイナーとしての意見です

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事